採用トップ   >   新卒採用   >   Takano Style

TAKANO Style

1953年の設立以来、タカノは様々な分野へ事業を展開してきました。
ばねの製造から始まったタカノは、次々に新分野への参入を実現し、常に新しい製品の開発にチャレンジしてきました。そんなタカノの事業展開を支えてきたのは“次の時代になにが求められるか”を常に追求する姿勢と、それを具体化する技術力です。

この柔軟な事業展開へのチャレンジの軌跡、どうぞご覧ください。

年代 項目
1941年 鷹野製作所を創業

タカノはじまり秘話はこちら →

1953年 精密ばね事業【OEM】
「薄板ばね」「線ばね」などの自動車用のばねを中心に製造
1962年 オフィス家具事業【OEM】
自動車シート用ばねの製造等で培った金属加工技術等を用いて、オフィス家具市場へ参入

全国初の折りたたみばねイス
開発秘話はこちら →

夢に支えられた
販売苦労の秘話はこちら →

1982年 エクステリア事業【OEM】
ばね製造で培ったパイプ加工技術およびオフィス家具製造で培った組み立て技術を活かし、エクステリア事業へ進出

エクステリア事業の
はじまり秘話はこちら →

1985年 産業機器事業【自販】
OEM依存脱却のため、1983年「新規事業開発部門」を設置、産学共同研究開始。1985年、ATMでの紙幣の仕分け等に使用される駆動部品「電磁アクチュエータ」を開発

タカノブランド製品
はじまり秘話はこちら →

売れない日々が業界トップに
なるまでの秘話はこちら →

1987年 検査計測機器事業【自販】
同じく産学共同研究により、CCDカメラを用いた画像処理検査装置を開発。産業機器事業とあわせ、本格的にエレクトロニクス事業へ進出

偶然からからの参入、検査計測事業
はじまり秘話はこちら →

1988年 健康食品関連事業【自販】
信州大学と赤そばに関する共同研究を開始し、1993年に「高嶺ルビー」として品種登録。健康食品関連事業へ展開
1994年 福祉・医療機器事業【自販】
高齢化の進展が予測されるなか、これまで培った技術を用いて介護・福祉機器事業へ進出。2009年には医療機器分野へも展開

なにか社会に役立つ仕事をしたい、
福祉事業はじまり秘話はこちら →