ホーム   >   サステナビリティへの取組み   >   SDGsへの取り組み

SDGsへの取り組み

SDGs17目標
※SDGs(Sustainable Development Goals)とは、2015年9月に国連で開かれたサミットの中で採択され、持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成された、2030年までに地球上の誰一人として取り残さないことを誓った国際目標です。

タカノのSDGsへの取り組み

 当社では、「常に高い志を持ち、社会のルールを守り、世の中の変化を見すえ、持続的成長・発展を通じ、豊かな社会の実現に貢献する。」という経営基本理念にのっとり、当社の事業活動にかかわる持続可能な開発目標(17Goals)に向けて、社会から期待されている製品・サービスの提供および社会貢献活動を持続的に行うことを通じ、持続的でより豊かな社会の実現に貢献してまいります。

・ペーパーレス化の実施

各種申請書類の電子申請システム化の導入により、ペーパーレスを推進しています。

・長野県グリーンボンドへの投資

長野県は、2050年の二酸化炭素(CO2)排出量実質ゼロの達成(緩和)と気候変動に起因した自然災害による被害の回避・軽減(適応)に向けた取組として、令和2年度からグリーンボンドが発行されております。
当社は、今回の「長野県グリーンボンド」への投資を通じて、長野県の環境施策への貢献を果たしていきたいと考えております。

・省エネ クリーンエネルギーの取り組み

省エネ、クリーンエネルギー採用に向けて、「工場屋上のソーラーパネルの設置(南平工場)」「再生可能エネルギーの100%利用(函館事業所・南平工場)」を行っております。
函館事業所・南平工場で行っている「再生可能エネルギー100%利用」により、電位使用によるCO2排出量を実質ゼロにいたしました。両事業所で年間消費する電力量は約940,700kWhのため、CO2換算で約382t-CO2となります。(2021年度実績)


・中央アルプス スカイラインジャパン 2022への協賛

中央アルプス山麓で開催されるトレイルランニングの大会に協賛させていただくことで、今後も雄大な自然環境保全に向き合って参ります。


・Vリーグへの協賛

Vリーグ VC長野トライデンツの協賛を通して、地元地域を中心としたスポーツの活性に協力して参ります。


・外国人技能実習生の受け入れ

当社では、ベトナム等から技能実習生の受け入れを行っております。
「外国人技能実習制度」とは、日本が先進国としての役割を果たしつつ国際社会との調和ある発展を図っていくため、技能、技術又は知識の開発途上国等への移転を図り、開発途上国等の経済発展を担う「人づくり」に協力することを目的として創設された制度のです。

・学術振興支援財団への寄付

当社では、「科学技術関係」での研究開発及び学術研究の奨励、人材育成に寄与することを目的に、学術振興を支援する財団への寄付を行っています。
【奨学金】
毎年、「科学技術関係」を先行している概ね5名程度の大学生・大学院生に対し、奨学金を支給しています。
【研究助成金】
毎年、電気電子工学、光学関連、画像処理関連、機械工学、情報科学などの領域の概ね5~6の研究テーマに対し、助成金を支給しています。

・山里の環境整備

宮田村役場と協同で、周辺住民の憩いの場、休養林を目指し、駒ヶ岳ガーデン一帯の森林調査や間伐、遊歩道の整備などおります。
また、地元の農家から水田を借り受け、当社登録品種であるソバ「高嶺ルビー」を栽培や採蜜(日本みつばち)を行い、耕作放棄地となることを防いでいます。採れた蜂蜜は販売しており、宮田村のふるさと納税の返礼品としてもご利用頂いております。
当社製品の屋外展示と兼ねているルビーの里~エクステリアガーデンの整備などを通して、駒ヶ根市の自然豊かな山里の環境整備を進めております。
※ルビーの里~エクステリアガーデンは、第35回工場緑化推進全国大会にて日本緑化センター会長賞・第38回工場緑化推進全国大会にて関東経済産業局長賞を受賞しましたを受賞しました。


・馬搬を利用した森林整備

宮田村役場と協同で、駒ヶ岳ガーデン一帯の森林を整備の一環として、森林内で伐採された間伐材を馬が搬出する「馬搬」を利用しております。

※「馬搬」とは、伐採した木材を馬が搬出する作業のことで、古くから林業の現場で用いられてきました。
林業作業車を使用した搬出は作業効率が高い半面、機械が入れる作業道の開設が必須です。馬搬は大きな作業道が必要なく、必要以上に森を傷つけないため見直されつつあります。



・検査装置「Hawkeyes(ホークアイズ)」燃料電池車製造工程に採用

当社の検査装置 新型「Hawkeyes」が、柔軟性の高さと欠陥の検出能力が高く評価されトヨタ自動車株式会社の燃料電池車「新型MIRAI」の製造工程に採用されました。当社の検査装置が採用されるのは2014年に発売された第1世代MIRAIに続き2回目となります。




・独自圧力センサの開発

独自の圧力センサを開発し、睡眠時の質の可視化への応用や介護見守りシステムへの応用に取り組んでおります。また、東京医科歯科大学との共同研究にて、体重測定デバイスへの応用を進めております。


・太陽電池に関わるNEDO事業への参加

東京大学・シャープ等が行うNEDO事業「移動体用太陽電池(超高効率モジュール)技術開発」及び、東京大学等が行うNEDO事業「ビル壁面開口部向けシースルー太陽電池の開発/赤外光 を有効利用する量子ドット太陽電池の開発」に当社も委託先として参加しております。


・端材でつくるトートバッグ

オーニングのキャンバスはオーダーメイドで自社製品しているため、どうしても端材が発生します。処分対象になっていた端材をトートバッグ「ルビーバッグ」として再利用しております。
オーニング生地のため、撥水加工もあり頑丈であるメリットもあります。


CSR活動

公式サイトリンク