ホーム   >   CSR活動   >   CSR活動ブログ   >   再資源化率98%

CSR活動ブログ

再資源化率98%

2018年4月23日

更新が遅くなってしまい、あっという間に4月下旬です。

ブログ用に写真を撮っておいた桜も実際にはすでに葉桜…。



通勤の道すがらも、水仙、ハナミズキ、菜の花、ユキヤナギ、レンギョウ、ミツバツツジ、花桃…と

まさに花盛りです。

ミツバツツジや花桃は例年GWくらいに咲いていたはずですが、今年は早いですね!

その分夏も早く来るのでしょうか、。


さて、本日は本社ごみの分別について少しご紹介します。

本社ではごみの再資源化率98%を目標にしています。


紙類、プラスチック類、金属やガラス…基本的にはすべてリサイクル対象となり、

生ごみや木片など、どうしてもリサイクルできないものが焼却ごみとなります。

そのため、少しでも焼却ごみを減らすために、ごみはできる限り分解して、

洗ってきれいにして、分別して捨てています。


たとえば、紙ごみだけでも、雑誌扱い、本・冊子、シール紙、ミックスペーパー、段ボール、

シュレッダーごみ、プラゴミでは、廃プラスチック類、アルミラミネート、発泡スチロール、

混合廃プラごみなどなど。。

また、書類はできる限り電子データでの保存、印刷する場合はコピー用紙の裏紙利用も推進しています。


こうやって書き出してみると、なんだかとっても大変そうですが、社員にはすでに定着しており、

ここ数年は98%目標を安定して達成できています^^


ちなみに、長野県は全国で1番ひとりあたりのごみ排出量が少ないようです。

もしかしたら、そういった、日ごろの生活意識も影響しているのかもしれませんね。


(TQM_林)
















(TQM推進室_林)




 

CSR活動

公式サイトリンク